おりがみアーティスト「宮本眞理子(みやもとまりこ)」

おりがみアーティスト

宮本 眞理子

みやもと まりこ

折紙作品は、心をほっとさせる魅力があります。
古典伝承折紙や現代創作折紙の技法で、様々な素材を用いながら、実用性や装飾性を持たせた作品づくりを楽しんでおります。
特に、和の文化が好きで、和紙を素材にした作品づくりは20年以上になります。

福岡県北九州市出身。

日本折紙協会認定講師・日本折紙学会認定指導員

(主な活動)

  • 全国各地での折紙展・折紙教室・折紙交流会などイベントの開催。
  • 複数の折紙クラブの立ち上げ(日本折紙協会鹿児島支部<1996>など)。
  • 保育園、幼稚園、知的障害者支援施設、盲学校、デイサービスセンター、小・中・高・専門学校・科学館・図書館などでの研修会講師。
  • 「点訳おりがみの本」の作製(大阪市立盲学校にて<1999>)。
  • 「点訳おりがみテキスト100」の作製(第27回ホビー大賞 特別賞受賞)。
  • 和紙を使った折紙教室用教材の作製。
  • 壱岐にて八朔雛の研究<2007>。
    八朔雛「ヒメゴジョサマ」についてはこちら
  • 日本折紙協会シンポジウムや日本折紙学会コンベンションなど、各地コンベンションでの講師。
  • 日本折紙協会シンポジウムにて、障害者・高齢者部会のコーディネーターを担当。
  • 日本折紙協会主催おりがみカーニバルへの参加(受賞歴:長野康平賞、日本折紙協会賞、ミニチュア賞)。

 

(その他資格)

  • インテリアコーディネーター
  • 保育士

宮本眞理子の著書紹介